【デザイン講座】初心者でも一瞬で作れるブログアイキャッチのコツを伝授

この記事では、アイキャッチ画像の写真選びのコツ、帯の色の選び方や使用するソフトなど、アイキャッチ画像の制作に必要な知識を伝授します。特に、『簡単』で『早く』できることに重点を置いています。

この記事を読んでみて、こういう方法もあるのかと共感できたら参考にしてください。

2つの構成要素

アイキャッチ画像は2つの要素で成り立っています。

  • 目を引く画像
  • 見やすい文字タイトル
アイキャッチの目的は、『読者を記事に注目させること』と『内容を知ってもらうこと』です。この2点に絞って制作すると簡単で手早くアイキャッチが制作できます。

この2つの要素について具体的な作り方とコツを解説していきます。

目を引く画像

まずは、写真について解説します。

写真の主な役割は、『読者を記事に注目させること』です。綺麗な写真や鮮やかな画像を使うことで読者の視線を集めます。

写真の見つけ方

ネットにアップロードされている写真には著作権があります。そのため、著作権を持つ撮影者に写真を使っていいか確認を取らなくては違法となります。

しかし、毎度許可してくれるはずもなく、そもそも連絡手段が不明である場合もあり、使いたい画像が使えない場合もあります。

そんな問題を解決してくれるのがUnsplashです。

著作権フリーの写真が多数アップロードされています。クオリティが高い作品が多いので、アイキャッチ制作には欠かせないサイトです。
商業レベルの美しい写真が90万枚以上もアップロードされています。そのすべてが使い放題です。

ライセンスはこちらです。

アドバイス
画像は内容とイメージの近い写真を選ぶのが最善です。しかし、こだわり過ぎると画像収集に時間を取られすぎます。長く考えて選んだ画像でも、他サイトのアイキャッチとかぶることもあるので、気軽に画像を選びましょう。

鮮やかで美しい写真を選ぶ

Unsplashには、クールでオシャレな写真が多数アップロードされています。しかし、アイキャッチに利用できる画像はほんの僅かです。

アイキャッチは人の目を引く役割があります。暗い画像は使わないようにしましょう。
鮮やかで美しい画像を選びましょう。タイムラインでも目を引き、記事の印象もポジティブになります。

人間の顔を活用する

アイキャッチ画像は注目してもらうためにあります。人の顔を活用すると注目されやすいです。

人間の顔には視線を集める効果があります。人間や人間の顔を使った広告は、それらを含まない広告よりもコンバージョン率が177%高くなったという研究結果もあります。

派手なカラーの画像でなくても注目されるので、下品な雰囲気になりません。

色に変化のある画像を選ぶ

綺麗な写真はそれだけで注目される画像ですが、アイキャッチと相性の悪い画像もあります。色に変化がある画像を選びましょう。

色の変化が乏しい画像はアイキャッチに不向きです。綺麗な画像を使っても全体的にのっぺりとした印象が残ります。
モノが写るとアクセントになります。色に変化があると帯が背景に埋まらないので、タイトルを目立たせることができます。

見やすい文字タイトル

アイキャッチ画像には必ずタイトルを書きましょう。

SNSなどで記事が拡散される場合、記事タイトルよりアイキャッチ画像の方が目立ちます。ユーザーがアイキャッチ画像に惹かれてタイムラインを止めたときに、記事の内容も同時に伝えられれば、内容に関心を持ってくれるかもしれません。

Twitterなどの文字がメインのSNSでは、アイキャッチ画像がよく目立ちます。アイキャッチに文字を入れることで、内容への注目度が上がります。

文字を目立たせる

アイキャッチで最も伝えたいことは、記事の内容です。綺麗な写真はユーザーが目を留めてくれるための仕掛けに過ぎません。

記事の内容を伝えるにも、文字に自然と目が向くような工夫をします。

色に変化がある画像を選ぶと文字が読みにくくなります。目を引く画像と埋もれない文字を両立させる工夫が必要です。
文字のバックに半透明の色付き帯を置きます。文字が背景と切り離されるので読みやすくなります。カラーは背景色と似た色を選ぶと統一感がでます。

おすすめのソフト

アイキャッチ制作に役立つソフトを紹介します。

Canva

Canvaは無料で使えるグラフィックデザインツールです。デザインの経験がなくても簡単に使うことができます。

ソフトのダウンロードは不要です。

ブラウザ上で編集できるので、どのパソコンからでもログインするだけで、すぐに編集を始めることができます。スマホ用のアプリもあるので移動時間にも手軽に編集することができます。

Canva-ポスター、ポストカード、バナー、挨拶状のデザイン

Canva-ポスター、ポストカード、バナー、挨拶状のデザイン

 

このブログのアイキャッチは全てCanvaで制作されています。説明されなくても直感的に操作できるインターフェイスが使いやすいです。

RGB確認ツール

RGB確認ツールとは、カラーコードを確認するツールです。おすすめはこのツールです。

ネットで検索すると似たようなツールが沢山ヒットしますが、このツールの最大のメリットは直感的に色選びができることです。好きな色をクリックするとそのカラーコードを教えてくれます。アイキャッチの帯などの色選びが捗ります。

まとめ

アイキャッチはアートと同じで絶対唯一の正解はありません。自分で何度も作成するなかで経験を積んで、独自の方法を見つけ出すものです。

早くて簡単であることに拘らず、より自分に適した方法を模索してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です