【失敗談】イラストの依頼で絵師と険悪ムードにならないための秘訣を伝授する

プロのイラストレーターにイラストを依頼する時って、不安に思うことが多いと思います

プロに仕事を依頼するなんて始めてで、どうやって接すればいいのか分からないな…

トラブルを回避して、イラストを描いてもらうコツってあるのかな?

そんな悩みに答えます

コン太

私はこのアイコンを、パッと目立つ動物を描くことで有名なanzutannさんにお願いして描いてもらいました!!

私は、イラストを依頼した経験があるので色々と伝えたいことがあります。特にトラブルについてです

取引はトラブルがない方がいいですよね?それはイラストレーターも同じです

しかし、イラストレーターの事情を知らないと、思わぬところでトラブルが発生してしまいます。

私がまさにそうでした

結果として素晴らしい取引だったのですが、私が絵師の立場にたって注文をしなかったために、anzutannさんから注意を受けてしまいました

そこで今回は、始めて絵師に似顔絵・イラストを依頼しようとする方に『トラブルのない取引をするための注意点』について解説していきます

事前に知っておくべき2つの注意点

まずは、トラブルを回避する方法について解説します

多くの場合、依頼主とイラストレーター間のトラブルは、お互いの事情をよく知らないでオファーを出すことが原因です

そのため、依頼主はイラストレーターの事情をあらかじめ知っておくことで、誤解によるトラブルを回避できます

ここでは、依頼主が勘違いしがちな点について紹介していきます

著作権について

イラストを依頼するときに、絶対に知らないといけないのが著作権です。法律に関することなので、知らないとマズいですよね

著作権を簡単に説明すると、『本やイラスト、音楽などの作品を作った人が、作品でお金を稼ぐ権利を保証し、作品を作者の意思に反した扱いをされないことを保証する権利』です

当然、イラストにも著作権が発生します。そして、著作権はイラストレーターが持っています

著作権は、原則的に譲ってもらうことはできません。交渉次第で『作品でお金を稼ぐ権利』は譲ってもらうことは可能ですが、『作品を作者の意思に反した扱いをされないことを保証する権利』は絶対に譲ってもらうことはできません

たとえ『作品を作者の意思に反した扱いをされないことを保証する権利』を譲渡する契約を結んだとしても、その契約は無効化され、作者の権利が保証されます

少しむずかしい話をしましたが、『依頼したイラストはイラストレーターのもので、依頼主は依頼したイラストを事前に取り決めた使用目的にのみ、使うことができる』とだけ覚えていれば大丈夫です

コン太

依頼主にありがちなのは、『イラストの著作権は依頼した自分にある。だから好きなように使っていいんだ』という勘違いだよ

 

著作権に違反する行為を紹介します

著作権に違反する行為例
  • 契約内容に含まれていないのに、依頼したイラストで金儲けする
  • 作者の了解なしに、作品や作者の名前を公開する。作品を変える

著作権に違反すると、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金が課される場合もあるので、絶対に違反しないようにしましょう

コン太

自分勝手にイラストを使っていると、規約外の使用方法に怒ったイラストレーターから賠償請求されるケースもあるから注意しよう

しかし、必要以上にビクビク怯える必要はありません。ちゃんと絵師とコミュニケーションを取れば、著作権に違反する心配はありません

著作権違反しないために
  • 最初からイラストの使用目的を作者に告げて同意を取る
  • 使用目的に変更があれば、また同意を取る
  • 1人で勝手に決めない

これを徹底しましょう

イラスト制作は大変だということ

イラストレーターを、ちょっと頼めば、ちゃちゃっと描いてくれる人と考えていませんか?

その考え方は間違いです

イラストを描くという作業は、素人が考えるよりずっと大変な作業です。プロであっても、売り物として出せるレベルの作品をちゃちゃっと描ける人はいません

しかし、依頼主によっては『プロなんだから余裕でできるでしょ』と無理難題を吹っかけてくる人が、実際にいるそうです

中には、イラストレーターの技術を侮ってこのような暴言を吐く人もいるそうです

イラストレーターは、イラストを描く専門家です。プロフェッショナルです

自分の作品を売り物として商売するために、常人ならざる努力と時間を費やしています

コン太

私は友達にイラストレーターが2人いるけど、彼らは高校の青春をイラストの練習にずっと費やしていたね。楽しそうに描いていたけど、挫折や劣等感を感じながら時間を捻出して練習しているのを私は知ってるよ

プロになるための努力は生半可ではありません

プロの絵師は、ちょっとセンスがあるクラスで絵が上手い子とはレベルが違います

たかが絵描きと思って、侮った態度でイラストを依頼するのは止めましょう

もちろん、そんな風に思っていない人の方が多いと思います。しかし、詳しくは後で紹介しますが、侮った態度が原因のトラブルはかなり多いです

円滑に取引を済ますために、イラストレーターに失礼な態度を取るのを止めましょう

トラブルに発展するNGな言動

トラブルの原因が常に依頼者側にあるとは限りませんが、取引に不慣れな依頼者の言動がトラブルの原因になる場合があります

こういったトラブルは、あらかじめ事例を知っておけば回避できるものです

そこで、よくあるトラブルの原因を紹介していきます

無料で描いて欲しい

依頼する側としては、できるだけお金を使いたくないのが本音ですよね

依頼するなら格安で、できるなら無料がいい…

私もそう思います。しかし、プロにお願いする時には、有名なタブーがあります

悪い人

無料で描いてよ。宣伝になるし、知名度上がるからさ

タブーというのは、『宣伝に使っていいから無料で描いて欲しい』、という依頼です。おそらく、社会を知らない学生に多いのでしょうが、そういった依頼は相当数あるそうです

なぜ、このような依頼が問題かというと、これ系の依頼は絵師にとって死活問題だからです。

無料の依頼を受けるデメリット
  • 宣伝効果がない
  • 時間をかけてもお金にならない
  • 次の依頼がない

イラストレーターは、『個人のもつ影響力など、企業の案件に比べればたかが知れているので、宣伝効果は全くなく、無料なのでお金にならない上、1度無料で依頼した人が2度目に有料で依頼するはずがない』と考えています

イラストレーターのメリットが全くありませんね。むしろデメリットしかありません

この状況をサラリーマンに当てはめると…

上司

君、今月よく働いたね
はい!ありがとうございます(残業も頑張ったし、給料が楽しみだ♫)

上司

でも、今月はちょっと賃金払えないんだ。しかも君クビね。今月頑張ったことアピールポイントにして、転職活動でもしてみたら?
ガーン…

深刻さが伝わったと思います。

イラストレーターは、イラストを描くことで生計を立てています。絶対に無料で描かないので、険悪な雰囲気にならないためにもこれ系の交渉は控えるべきです

どうしても無料のイラストが欲しいなら、自分で描くか「いらすとや」を使いましょう

いい質が欲しいなら相応の対価を払う。当たり前ですね

完成してから修正の指示を出す

さっきイラスト制作は大変だということを話した通り、イラストというのは、プロであってもパパッと描けるものではありません。長い時間をかけて創意工夫を盛り込みながら、どうにか完成させた作品です

コン太

イラストの制作時間って知ってる?背景なしのキャラクターでも数十時間かかるんだよ

イラストの制作とは、部屋いっぱいにドミノを並べるのと同等の神経を使う作業です

そして、完成したイラストを修正するということは、ドミノを蹴っ飛ばされて破壊されることに匹敵します。辛さや怒りなどが容易に想像できますね

だから、イラストレーターは下書きの段階で修正を求めます。イラストの一部を変えると全体のバランスが崩れたりするので、修正が困難になる清書の前に完成形を決めておく必要があるからです

しかし、僕はやらかしてしまいました。完成されたイラストを見て、もっと豪華にしたいと欲が出てきたのです…

  • 背景を研究室らしくする
  • 持っているPCをiPad Pro風に変更する
  • 服装をポロシャツにする

という指示を追加で加えてしまいました

すると、anzutannさんから注意を受けました

最低限の価格でやってますので、基本的に修正はラフ段階でお願いしています。

ポロシャツとかも描きなおしになりますので。

 

修正点が後から増えたら始めに伝えてもらう意味がなくなってしまいますので、なるべく始めにイメージを決めていただいています。

やり取りをスムーズにするための仕組みですのでご理解いただけると助かります。

これは、チャットの一部を抜粋したものです。要約すると、『修正箇所が多すぎし指摘するタイミングが遅い』という指摘です

コン太

友達にイラストレーターがいる分、イラストレーターの気持ちに理解があると自負していただけにショックな出来事でした

もし加筆するなら追加料金がかかると言う話でしたので、少しだけ修正してもらい取引を終了しました

トラブルを回避するためにも、修正はラフ画の段階で済ましましょう!!

まとめ:ビジネスライクな関係と割り切ろう

ここまでトラブルを回避するために必要なことを紹介してきました

しかし、交渉や取引は互いの意見・主張をすり合わせる場。回避しようと努力しても、トラブルが発生するのも必然なことなのかも知れません

そのため、トラブルを対処する上でもっとも重要な心構えは、依頼主はイラストレーターと友達になる必要はないことです

依頼主からしてみれば、イラストレーターの作品は知っていても、容姿や性格、趣味趣向は知りようがなく、そんな状態で友好関係を築くのは不可能です

だから、相手の機嫌に遠慮するあまり自分の意見を引っ込めるのは、非常にもったいない

2人の関係はビジネスライクと割り切り、相手の要望と自分の要望の落とし所をうまく見つけることこそが、トラブルの被害を最小限に抑え、イラストレーターと良好な関係を築くために必要なのです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です