【スマホで簡単】LINEアプリで画像にモザイクを入れる方法(PCも可)

画像にモザイクをかけたいタイミングって意外と多いですよね?知らない人の顔が写ってる写真や個人情報の載ってる画像をSNSに投稿しようとした時に、モザイクはありがた存在です。

しかしモザイク処理をしようと思っても、スマホの標準機能ではモザイク処理はできません。ですが、モザイクのためだけに新しいアプリを使うのも面倒です。

そこで今回は誰もが使っているLINEのアプリを活用してモザイク処理する方法を解説していこうと思います。

スマホ・タブレットでモザイク加工する場合

LINEを起動してトークを開きます。トークは個人チャットでもグループでも構いません。

まずは画像フォルダを選択しましょう。編集したい画像を選択します。

そうしたら右上に編集パレットが表示されるので鉛筆マークを選択します。

下図のように、左上に表示されるマークをタップします。

あとは隠したい場所をなぞるればモザイク加工されます。

細かい設定

モザイク加工するペンの太さとモザイクの種類を選ぶことができます。

ペンの太さを調整するときは、左側に白い◯を上下に動かしてペンの太さを変更することができます。モザイクの種類を変更したい場合は画面下に2種類のモザイクから選べます。

 

左のモザイクで加工

右のモザイクで加工

左のモザイクを使えば情報を完全に隠蔽することができるので、個人情報を隠すのに向いています。逆に右のモザイクを使えばうっすらと中身を確認できます。写真で顔を隠す場合などで役立つでしょう。

編集が終わったら右上の完了ボタンを押しましょう。加工した画像は写真として保存することも、相手に送信することもできます。

PCでモザイク加工する場合

PCでモザイク加工する場合も、基本的な流れはスマホやタブレットと変わりません。

アプリを起動させて、加工したい画像を選択してください。そうしたら『編集』をクリックしてください。

すると編集画面に切り替わります。右下のパレットから『モザイク』を選択しましょう。

MEMO
このとき画面サイズに画像が合っていない場合は、方向キーで画像を動かすことができます。

マウスが十字に切り替わったら、モザイク加工したい範囲を指定します。

範囲を指定している間はマウスから指を離さずドラッグしたままにしましょう。指を離すと指定範囲がモザイク加工されます。

加工すると下の写真のようになります。

スマホやタブレットと違い、モザイクの種類もペンの太さも選べないので少し不便です。個人情報をしっかりと隠したい場合はスマホかタブレットを利用すると良いでしょう。

まとめ

LINEはオシャレな加工には適していませんが、モザイク加工などの画像編集には向いています。ちょっと注釈を加えて友達に画像を送りたいときや、隠したい部分があるときなどに有効です。

モザイク意外にも画像を編集することができるので、これを機に他の機能に触れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です