【最安値】Raspberry Pi(ラズパイ)をお得に購入する方法

皆さんは、Raspberry Pi(以下:ラズパイ)をどこで買っていますか?

ネット通販の代表格といえばAmazonですよね。秋葉原に足繁く通う人は、そのついで買うこともあるでしょう。最近では、家電量販店でも取り扱われているそうです。

しかし、その価格は本当に最安値でしょうか?

損をしないために、ラズパイをお得に購入する方法を知っておきましょう!!

個人と法人で安く買える場所が違う

個人で買う場合

個人で買う場合は、Raspberry Pi Shop by KSYが安く買えてオススメです。

Raspberry Pi Shop by KSY(以下:KSY)は、ラズパイの製造元が公認する国内正規代理店です。

実際に私も購入していますが、今のところ不調もなく、安心して使っています。正規代理店ならではの信頼と価格が目玉です。

では実際、どの程度安いのでしょうか?

Raspberry Pi 3 Model B+の価格を、KSYとヨドバシカメラを比較してみましょう。1枚目がKSY。2枚目がヨドバシカメラです。

なんと差額、1,440円…

ヨドバシカメラでは、KSYの実に1.3倍の価格で売られていることになります。KSYで買ったほうがかなりお得ですね。

KSYはAmazonにも出店しているので、こちらもチェックしてみてください。

法人で買う場合

ラズパイを大量に必要とする場合は、RSコンポーネンツで業務用を買うのをオススメします。

聞き慣れない会社かもしれないですが、RSコンポーネンツはラズベリーパイ財団からライセンスを取得している会社ですので、安心していいと思います。

正規代理店で買うメリット

安いだけではありません。他にもメリットがあります!!

購入できるもの

  1. OSインストール用ソフト書き込み済みのmicroSDカード
  2. ラズパイで動作確認済みの周辺機器

ラズパイは本体だけでは動きません。電源を供給する「USB-ACアダプター」と、OSを書き込む「microSDカード」が必要です。

しかし、すべてのUSB-ACアダプターがラズパイで動作するわけではありません。Raspberry Pi3シリーズでは、5 V/25Aの電源が必要となります。これを下回ると処理速度が低下するので、正規品を使うことが推奨されています。

正規代理店では、USB-ACアダプターなどの周辺機器をチェックしていて、ラズパイで動作する製品を販売しています。正規代理店で買えば、いちいち規格を気にする必要はなくなります。

また、正規代理店のmicroSDカードは、すでにOSインストール用ソフトが書き込みされています。

本来であれば、microSDカードにOSインストール用ソフトを自分で書き込む必要があります。その作業を肩代わりしてくれるのはありがたいですね。

届いたmicroSDカードにはこんなシールが貼ってあります。

まとめ

普通のパソコンと比べると、ラズパイはかなり安いです。

ですが、同じ商品を買っているのに、買い方によって数千円もの差が開くのはもったいないです。

ぜひ、参考にしてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です