【個人で外注】絵師に似顔絵・イラストの仕事を依頼する2つの方法を解説

プロのイラストレーター(絵師)に仕事を依頼したこと、ありますか?

私はあります

最初、フリーのイラストをこのブログのアイコンにしていました。しかし、やはりオリジナルのイラストの方が絶対に見栄えがすると思いついて、依頼する決意をしました

コン太

このアイコンは、パッと目立つ動物を描くことで有名なanzutannさんに描いてもらいました!!出来栄えにかなり満足しています♫

アイコンの他にも、オリジナルのイラストには様々な使いみちがあります。ヘッダーのデザインや恋人へのプレゼント、本の表紙などの使い道があります

そこで今回は、実際に取引を経験した私が、イラストを個人で外注する方法について紹介します

 

絵師に依頼する2つの方法

まず、イラストレーターにイラストを依頼する方法について紹介します。依頼する方法は大きく分けて2つあります

依頼する2つの方法
  • 直接コンタクトをとる
  • クラウドソーシングでコンタクトをとる

2つの方法を詳しく紹介していきます

直接コンタクトをとる

直接コンタクトをとる手段は、TwitterのDMやメールでの問い合わせがメインとなります

この方法のメリットとデメリットを紹介します

直接コンタクトするメリット
  • サイトに登録する必要がない
  • 気軽に連絡がとれる

メリットは、イラストレーターを探すためにサイトに登録する手間がないことです。Twitterやメールなら、いつも使っているアカウントから気軽に連絡がとれます

デメリットを紹介します

直接コンタクトするデメリット
  • 音信不通に弱い
  • 信頼性が保証されていない

デメリットは、イラストレーターが信用できるか不明であることです

イラストレーターは学校を卒業してすぐフリーランスになる人もいます。イラストが上手でも、社会人としてのスキルがあるかどうかは分かりません。マメに連絡がとれないイラストレーターや、納期を守れないイラストレーターもいます

信頼性が第三者から保証されないので、取引する相手が信用できるか判断することが難点です

クラウドソーシングでコンタクトをとる

クラウドソーシングとは、依頼主がフリーランスとマッチングするためのサービスです。多くの絵師はフリーランスとして活動しているため、クラウドソーシングでコンタクトをとるのが一般的です

クラウドソーシングを利用するメリット・デメリットを解説します

クラウドソーシングでコンタクトするメリット
  • トラブルがあった時に相談に乗ってもらえる
  • フリーランスとしての評判が分かる
  • 相場が分かるので費用が抑えられる

クラウドソーシングの場合、依頼人とフリーランスの間を会社が取り持っているため、取引中にトラブルが発生したときに会社が相談に乗ってくれます

また、フリーランスのプロフィール欄から、過去の実績や評価などが閲覧できるため、どのレベルのフリーランスなのかが一目瞭然です。評判が悪いフリーランスの見分けが簡単であるため、トラブルが発生しにくいメリットがあります

さらに、クラウドソーシングには案件が多く掲示されています。依頼したい内容と似た案件が過去にあるケースがあるので、はじめての依頼でも相場が分かるというメリットがあります

デメリットを紹介します

直接コンタクトするデメリット
  • 仲介手数料がかかる

クラウドソーシングの場合、依頼主が払う報酬から仲介手数料が引かれます

しかし、他のフリーランスに案件を取られないように価格設定を低くしているフリーランスもいるので、相場が決まっていない直接依頼より安く済む場合もあります

おすすめの依頼方法

2つの方法を紹介しましたが、おすすめしたいのは、クラウドソーシングを利用した依頼です

TwitterやPixivで自分好みのイラストレーターを探すのもいいでしょうが、やはり安くて安全に取引できるクラウドソーシングがいい選択だと思います

私もクラウドソーシングを利用して、アイコンの依頼をしました

クラウドソーシングには色々と種類がありますが、今回は、イラストの依頼に最適なクラウドソーシングを紹介します

ランサーズ

ランサーズとは、クラウドソーシング業界で最大手のサービスです

最大手であるため登録しているフリーランスの数が多く、依頼相手の選択肢が豊富であるのが特徴です

ランサーズは、依頼人が案件を公開してフリーランスの応募を待つ形式です。平均して1つの提案に対して5件の応募者が集まりますが、報酬額が多く、面白そうな内容であるほど応募者が増えます

取引価格を自分で自由に設定できるため、予算が限られている人は、とりあえずランサーズに案件を出すことをオススメします

【ランサーズ】日本最大級のお仕事発注サイト!

ココナラ

ココナラとは、最近になって急成長しているサービスです。テレビCMもよく見かけるので、知っている方も多いのではないでしょうか?

ココナラは、出店しているフリーランスの実績や成果を依頼者が見て、依頼相手を見つけるという形式です。イラストやアイコンを依頼したい場合は、過去の依頼で制作した作品がフリーランスのプロフィール画面に掲載されているので、もし自分が依頼したらどんな完成品ができるかを具体的に想像することができます

また、ココナラの特徴として、非常に安価に依頼できる特徴があります

プロの絵師が、相場に比べてココナラの価格設定が安すぎることに不満をこぼしています。依頼者にとっては、非常にありがたい話ですね

私は安さに心惹かれて、ココナラでアイコンの依頼をしました

ココナラのクリエイターに依頼する

結局オススメは?

ランサーズとココナラを紹介しましたが、結局どちらに依頼すればいいのか分からない方がいると思います

そこで両者の違いについて解説します

ランサーズのメリット・デメリット

ランサーズのメリット・デメリットを紹介していきます

ランサーズのメリット
  • 業界最大手の安心感
  • 良質なフリーランスが豊富
  • 高品質な作品が納品される
ランサーズのデメリット
  • 値段が高くなる
  • 応募者が0人の可能性がある

ランサーズは、一流のフリーランスが多く集まっているため、非常にクオリティの高いイラストが納品されます。業界最大手のサービスなので、トラブルが発生しても迅速に対応してくれます

しかし、価格設定が適切でないと応募者が集まらないケースもありえます

実際、複数人で何日もかけて取り組むクオリティのウェブサイトを3,000円で作って欲しいという案件を見かけたことがあります。当然、応募者は0人です。過去の似た案件などを比較して、相場を確認することが重要です

ランサーズでは、クオリティと比例して値段も高くつくため、個人より企業・法人がイラストを依頼するのに向いています

同人活動、お店やサイトの立ち上げなどで商業クオリティのイラストが必要な方には、ランサーズがおすすめです(商業クオリティが必要ならEagleGraohicsもおすすめします)

【ランサーズ】日本最大級のお仕事発注サイト!

ココナラのメリット・デメリット

ココナラのメリット・デメリットを紹介していきます

ココナラのメリット
  •  どの案件も非常に安価
  • 金銭トラブルがない
ココナラのデメリット
  • 値段相応のクオリティ

ココナラの最大の特徴は、相場から考えても非常に安価であることです。個人でイラストを依頼した人には最適なサービスです

また、ココナラが取引の間に立つため、金銭に関するトラブルはありません。もしイラストレーターが急病で倒れたりして、取引が続行できなくなった場合などは、ココナラが依頼主に前払いしたお金を返金してくれます

しかし、ココナラは非常に安価で取引ができますが、クオリティは値段相応のもとになります。しかし、私が依頼したanzutannさんのように、短時間で高クオリティな作品が描ける人も多いので安心してください

ココナラのクリエイターに依頼する


以上がそれぞれのメリット・デメリットです

それぞれの特徴を踏まえると、ランサーズクオリティ重視ココナラ費用削減重視の方におすすめです

まとめると…

ランサーズで依頼するべき人
  • クオリティの高さを求める人
  • 予算が決まっている人
ココナラで依頼するべき人
  • 予算が少ない人
  • 商業クオリティは求めない人

となります

自分の希望にあったサービスに依頼してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です