プログラミングのガチ初心者が独学するべきでない3つの理由

プログラミングの学習方法には、大きく分けて2種類の方法があります。『独学』と『スクール』です。

どちらもメリット・デメリットがあり、一概には「こっちの方がいい」と断言できません。

ですが、私は『独学』も『スクール』も挑戦したことがあります。その経験を踏まえて結論付けると…

もしあなたがガチ初心者なら、絶対にスクールに通うべきです!!

プログラミングをこれから挑戦したいと思っている人。教科書を数ページだけ挑戦して諦めた人。そんな人は必見です!!

今回は、その理由について3つの理由をもとに解説していこうと思います。

学習効率がいい

ガチ初心者の学習効率はすごく悪いです。原因は2つあります。

  • 全体像が把握できない
  • エラーに対処できない

今から学習を始めようとする人は、右も左も分からない状態です。その状態で全体像を把握することはできません。

今は何の勉強しているの?

どう使われるんだろう?

そういった疑問があると、どうやって理解すればいいのか分からなくなります。結果、覚える必要のないことまで覚えたり、勘違いしたまま学習を続けたりします。自分の理解を修正しながら学ぶので、かなりの時間とストレスがかかります。

しかも、プログラミング学習は絶対に順調に進めることができません。かならずエラーが発生するからです。

エラーに対処できない原因は様々です。

  • 教科書の内容が古い
  • 自分のミスに気づかない
  • 解決方法を見つけられない

プログラミングの技術は常に進歩しています。数ヶ月前には通用した手法も、現在では役に立たないこともありえます。

独学者は書籍で勉強することが普通です。しかし、書籍の情報は著者の執筆時のもので、最新の情報とは言えません。出版から時間が経つほど使いづらくなっていきます。

初心者によくあるのが、自分のミスに気が付かないケースです。

初学者は、経験値が足りていないのでミスを発見できません。学習者本人からしてみると、理由もなくエラーが発生しているように思えます。そのためパソコンが悪いと勝手に決めつけたりします。

エラーが発生したら、まずネットで調べると思います。しかし、自分の問題を解決する方法そのものズバリが見つかることは稀です。

自分のミスに気が付けず、調べても解決できない。学習効率が悪いですよね?

スクールならば、学習の効率をかなり上げることができます。

プログラミングスクールには、洗練されたカリキュラムと優秀な講師がいます。この2つが、グッと効率を上げてくれるのです。

 

独学でプログラミングを勉強すると、習得するまでに1年かかるとも1000時間必要とも言われています。まるで大学受験のような期間が必要になるわけです。

仕事や学校で忙しい人は、1000時間の確保のために、自由時間をすべてプログラミングの学習につぎ込むことになりかねません。正直、辛いと思います。

特に初心者の場合、書籍のちょっとした不明点を解消するために、1時間も2時間もかけてしまいます。プログラムを書くと必ずエラーが発生するものなのですが、この原因を調べるのに1日中かけて、結局分からずじまいということもあります。

嘘みたいな話ですが本当です。私も独学をしていた頃、実際にエラーの原因を探って1日が終わったことがあります。その日の学習成果はほぼ0です。時間の無駄でしたね…

しかし、スクールであれば話は変わってきます。

  1. 長年のノウハウにもとづいたカリキュラム
  2. 疑問を瞬時に解決してくれる講師

スクールでは、今までに何万人もの生徒を教育してきた実績があります。実績が豊富であるため、ノウハウも蓄えられており、教育カリキュラムは何度も改善されています。初心者でも効率よく学べるように、カリキュラムは成長しているのです。

そして、講師は受講生の学習を徹底サポートしてくれます。受講生の疑問に即座に答えてくれるチャットサポートや、ビデオチャットで画面をシェアしながらアドバイスを受けられるサービスなどがあります。

独学では、丸一日かけて解決する問題でも、プロの講師に相談すれば一瞬で解決することがほとんどです。ちょっとした気になることでも気軽に聞けるので、成長も圧倒的に早いです。

結果、1年かかる学習が1ヶ月や2ヶ月で終了できてしまいます。

ガチ初心者は、独学だと自分の成長の遅さをもどかしく思うと思います。スクールに通うことで、その不安から開放されるでしょう。

挫折する危険性が下がる

チャレンジに挫折はつきものです。

せっかく「プログラミングをマスターしてやる!」と意気込んで勉強しても、挫折してしまえば始めなかったのと同じです。そんな無駄なことはありませんよね?

しかし、現実は非情です。独学でプログラミング学習を始めても、初心者のうち90%が挫折すると言われています。

私も独学で挫折しました。

やる気は十分。志だって一人前だったにもかかわらず、挫折してしまいました。

挫折の最大の原因は、『ネットで調べてもエラーが解決しなかったこと』です。

独学時代の私は、がむしゃらに勉強すればいつか身につくはずだと信じていました。しかし、なぜエラーが出ているのか分からなければ、勉強がしたくてもできません。

スクールなら現役のエンジニアが一瞬で解決してくれます。

チャットで始めてエラーの相談したときは、あまりの素早さにまるで魔法みたいだと本気で思いました。それぐらい呆気なく解決してくれます。

学習方法に自信がもてる

プログラミングは全体像を把握しにくい学問です。

覚えることは多い上に、実際に何かを作るまでどんな使い方をするのかイメージできません。ただひたすら、英単語を暗記している気分でした。

私の場合、次第に自分の学習方法に自信がなくなっていきました。

「このまま勉強を続けてもプログラミングができるようにならないんじゃないだろうか?」「本当に実力がついているのか?」

漠然とした不安が重圧になり、挫折の要因となりました。

スクールに通ってみると、こういった不安は一切感じませんでした。

スクールの場合、カリキュラムを終えればこのスキルが会得できる、と明確に分かっています。

「自分はこのまま勉強を続ければいい」「そうすればスキルが身につく」

相応の努力をすれば、成果が確約されている環境のおかげで、安心して学習できました。

オススメのスクール

初心者にオススメなスクールを2つ紹介します。

初心者にオススメのスクール

フリーターからでもエンジニア就職できるスクール : GEEK JOB

学習サポートが優秀なスクール : TechAcademy

GEEK JOBは、完全無料で通えるスクールです。転職エージェントが経営している利点を活かし、様々な企業を紹介してくれます。参加者の71.6%はパソコン初心者にもかかわらず、転職成功率は95.1%という実績があります。

【転職成功率95.1%】完全無料で正社員プログラマーになれる最強スクール

TechAcademyは、大手プログラミングスクールです。経済産業省などが後援する賞を受賞するなど、インターネットでの教育が得意なスクールです。私はTechAcademyで脱初心者したのですが、かなりサービスが良くてオススメです。

【本音の評判】テックアカデミーの受講生が感想をぶっちゃける

まとめ

私がプログラミングを始めたとき、人は書籍を買って独学でプログラミングをマスターするものだと思っていました。

というのも、今までの勉強は試験対策がメインだったので、『勉強すること=本を買って読む』だと決めつけていたんです。

結論から言って、この考え方は損でした。時間を無意味に消費し、無駄なストレスに悩まされました。私はもっと早くからスクールに通っていればよかったと思っています。

なので、ぜひスクールも選択肢の1つとして考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です