【必読】経験者がテックアカデミーのおすすめコースを紹介・解説する

こんにちは!! TechAcademy(テックアカデミー)でPythonを勉強したコン太です!!

僕はTechAcademyだけでなく書籍や動画教材でも勉強した経験があり、プログラミングの学習経験はかなり豊富です

そんな僕がこんな悩みを解消します

TechAcademyはコースが多すぎて、どれを受講したらいいか分からない。どのコースを受講すれば目的を達成できるんだろう?

プログラミングを勉強する目的は様々です

  • プログラミングで就職・転職したい
  • 副業でお金を稼ぎたい!!
  • 電子工作とか興味あるから趣味で勉強してみたい
  • オリジナルのゲームを制作してコミケで頒布したい

どれもTechAcademyで実現可能ですが、受講するべきコースは全部違います

自分に必要なコースを理解する事で、最短距離で目的を達成できます

この記事を読めば3つのことが分かるようになります

この記事で分かること
  • 受講するべきコースが分かる
  • コース受講後にできることが分かる
  • コースで勉強する内容が分かる

TechAcademyを受講する前の自分をよく思い出して、どのコースを受講しようか決めかねている方にピッタリの記事に仕上がりました

ぜひ参考にしてください!!!

僕がTechAcademyを受講したときの記事も参考になると思います↓↓↓↓

【本音の評判】テックアカデミーの受講生が感想をぶっちゃける

はじめに:無料体験はしておこう

これからTechAcademyのオススメなコースを紹介していくのですが、その前に知っておいた方が良いことをお伝えします

それは、無料体験はした方がいいよ』って事です

さっき紹介した記事に詳しく書いてありますが、TechAcademyは受講者を挫折させないために手厚く学習をサポートしてくれます

僕はプログラミングの独学に挫折して苦しんでいましたが、TechAcademyを受講して挫折を克服した経験があります

つまり、TechAcademy流の学習サポートは僕と相性が抜群だったわけです

だからTechAcademyのサポートは素晴らしいと思っていますし、人に勧めたいと思っています

しかし、人によって学習スタイルに合う合わないがあります

だから…

コン太とTechAcademyとの相性は抜群だったんなら、私もそうだろう!

と考えるのは少し危ないと思います

嬉しいことに、TechAcademyは無料でコースを体験できます

もちろん、僕も受講前に無料体験しました

無料体験で学習サポートの手厚さに感動して、TechAcademyを購入した経緯があります

4週間で10万円するサービスを1週間無料で体験できるわけですから、受講しないと損ですよね?

無料体験してみる

副業したい人向けのコース

副業したい人にオススメしたいコースは3つあります

副業なら他にもフロントエンドコースも個人的にありだと思いますが、TechAcademyで副業エンジニアを目指すなら、この3つのコースから選ぶべきだと思います

なぜなら、この3つのコースには、他のコースにはない特別な特典があるからです

その名も…

在宅ワークサポートォォォ!!!!!

TechAcademyは、日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス 」と連携しています。この3コースのいずれかを受講した人には、TechAcademyがクラウドワークスを通じてお仕事を紹介してくれる神特典がついてくるのです!!

他のコースにはない特別なサービスです!!

この特典のおかげで、3コースのどれかを受講すれば、自動的に副業できるようになるということです

めちゃめちゃ美味しい話ですよね

MEMO
クラウドソーシングサービスとは、副業したい個人と副業を依頼したい企業を結びつけるサービスです。TechAcademyが連携しているクラウドワークスもその1つです

しかも、同じ特典があるTECH CAMPよりTechAcademyは圧倒的に格安なんです

スクール 副業コース 期間・料金
TECH CAMP 副業・フリーランスコース 10週間・598,000円
TechAcademy ・Webデザイン
・WordPress
8週間・189,000円

在宅ワークサポートのメリットは大きいです

  • 初めての実務でもこなせる難易度の案件を探してくれる
  • 案件の受注方法をサポートしてくれる

誰であっても初めての経験は怖いもの

お金のやり取りが関われば特に不安に思うでしょう

しかし、そんな不安を打ち消してくれるのが『在宅ワークのサポート』なのです

  • 実績がなくて案件が取れない
  • 自分に適切な難易度の案件が分からない

そんな悩みとは無縁で副業をスタートできます

副業のハードルがめちゃくちゃ下がりますよね

初めて副業するならこの3コースのどれかを受講するのをオススメします

Webデザインコースとは

Webデザインコースでは、Webデザイナーに必要なスキルを勉強します

  • ワイヤーフレーム(サイトのどこに何を配置するかが記された設計図)の制作
  • Web系のプログラミング言語(HTML、CSS、JavaScript)
  • Photoshopを用いた画像加工
  • レイアウト・配色・タイポグラフィ、Webデザイン原則

ワイヤーフレームを勉強すれば、案件を依頼した人と円滑にコミュニケーションが取れるようになりますし、デザインや画像加工の手法を学べば、プログラミングで制作するサイトを綺麗に仕上げることができます

Webデザインコースは、サイト制作の基礎を全部抑えられる美味しいコースになっています

Webデザインコースを見てみる

WordPressコースとは

WordPressコースでは、Webサイト制作に必要なスキルを勉強します

WordPressとは、サイトの管理や記事投稿ができるツールのことです

Webプログラミングの経験・知識がなくても、簡単に記事を制作できたり投稿できたりできるので人気があります

コン太

このブログもWordPressで記事の管理をしているんですよ

WordPressコースは、WordPress以外にも習得できるスキルがあります

  • Webサイトを表示するために必須のプログラミング言語であるHTMLとCSS
  • サーバーでWebサイトの表示内容を変更するプログラミング言語であるPHP

嬉しいことに、WordPressコースではオリジナルサイトの構築までサポートしてくれます

サポートが充実しているので、WordPressコースさえ受講すれば、Webサイトを自力で構築できるようになれます

WordPressコースを見てみる

Webデザイン+Wordpressセットとは

Webデザイン+Wordpressセットは、WebデザインコースとWordPressコースを組み合わせたセットです

セットになってもカリキュラムは同じです

もし、いつか両方を勉強したいなと思っているならセットをオススメします

別々で購入するよりずっと安く購入できるので、「一度に2つのスキルを習得して副業収入増やしてやるぜ!!」って意気込む方に向いています


もし僕が副業目標でTechAcademyを受講するなら『WordPressコース』を受講すると思います

  • セットは料金が高い
  • WordPressコースはサーバーを無料でレンタルできる
  • デザインよりWordPressの方を勉強した方が難しい

デザインコースとWordPressコースはカリキュラムが違いますが、どちらもWebサイトを制作するスキルを学べます。どっちのコースの方が副業で有利だとか不利だとかはありません

なら難しい内容を教えてもらった方がお得なのでWordPressコースを受講するだろうと考えました

あと、Webサイトを公開するために必要なサーバーを無料で3ヶ月間借りられるのは、地味に嬉しい特典だと思っています

この特典があるのはWordPressコースだけなんですよ

Webデザイン&WordPressコースを見てみる

転職・就職したい人向けのコース

TechAcademyは、就職・転職支援に力を入れているスクールです

TechAcademyキャリアという、受講生なら誰でも利用できる就職・転職支援サービスがあるのがその証拠です

「文系からエンジニアになりたい」「リモートワークに憧れがある」

そんな気持ちがある人は、TechAcademyでスキルアップして転職・就職するのもありだと思います

転職したい人

31歳未満の転職希望者なら、TechAcademy Proを受講するべきです

TechAcademy Proは、プログラミング未経験でも12週間で東京のIT企業へ転職を目指すコースです

転職が決まらなければ全額返金してくれる制度があるので、ノーリスクでエンジニア転職を目指すことができます

TechAcademy Pro授業料が30万円する超高額なプランです

しかし、転職後に年収が平均で67万円上がるそうなので、半年で授業料分は埋め合わせる事ができます

TechAcademy Proを見てみる

就職希望者 & 31歳以上の転職したい人

就職希望者と31歳以上の転職希望者には、Javaコースをおすすめします

Javaというプログラミング言語は、システム開発やWeb開発にも使用されていて、非常に需要が高いことで有名です

コン太

転職や就職を目標としたプログラミングスクールは、どこもJavaを勉強していますね

ちなみに、エンジニア転職サービスの『レバテック』の調査によると、プログラミングの求人案件のうち約30%がJavaの案件だそうです

需要の高いプログラミング言語を勉強することで、未経験でも有利に就職・転職することができます

加えて、TechAcademyには、TechAcademyキャリアという転職・就職支援サービスがあります

TechAcademyキャリアのすごいのは、『TechAcademy受講生なら経験年数不問で採用しますよ』って企業が集まっていること!!

企業はTechAcademyの教育に信頼をおいているんですね

そんなTechAcademyの支援サービスがあれば、初めての就職・転職でも安心できますね

TechAcademyキャリアでは、2種類の方法で就活できます

  • 受講生が登録された企業を見つけて就活する
  • 企業が受講生のプロフィールを見てスカウトする

スカウトなんてめったに来ないと思うかもしれませんが、僕は5回ほどスカウトをもらいました。僕が特別なんじゃなくて、誰でもそうだと思います

こんな感じにメッセージが届きます

めちゃめちゃ嬉しいことに、TechAcademyキャリアは受講後も利用できます

今でもたまにメールでスカウトの連絡が来るので、その気になればいつでも簡単に転職活動を始められます

多分、すぐに転職先は見つけられるんじゃないでしょうか!?

人生に予備プランがあると気が楽ですよ

Javaコースを見てみる

ゲームを作りたい人向けのコース

ゲーム制作したいならUnityコースをオススメします

Unityとは、無料で利用できるゲーム開発環境のことです

ゲーム制作用のソフトは他にもありますが、Unityは簡単に制作できるので『ゲーム制作ならUnityでしょ』という風潮があります

UnityはiPhone, Android, Mac, Windows, PlayStation4, Xboxに対応していて、商業用のゲームにも一般的に使われています

Unityで開発された有名なスマホゲームを紹介すると…

  • Fate/Grand Order
  • ドラゴンクエスト
  • ポケモンGO

こんな有名タイトルと同じゲームが作れるって凄くないですか?

Unityコースでは、2Dゲームを1つと3D ゲームを2つ制作してUnityの基本を勉強し、その後、オリジナルゲームを制作します

もちろん、Unityで学んだ知識とTechAcademyキャリアを利用して転職・就職を目指すことも可能です

TechAcademyキャリアには、Unity関連でこんな変わった案件もあります

UnityはVRも開発できるので、この求人のようにこれから需要が高まっていきそうですね

Unityコースを見てみる

AIを勉強したい人向けのコース

AIに関心がある人は、Python コースをオススメです

Pythonは、AIを開発するために必須のプログラミング言語です。つまり、Pythonコースを受講すれば、自分でサクッとAIを作れるようになるってことなんですね

初心者からでも、1ヶ月でAIを自作できるようになるなんて凄くないですか?

Python コースでは、画像を識別するAIやビットコインの価格変動を予測するAIを作りながら勉強していくので、知識が頭にスッと入ってきます

MEMO
TechAcademyにはAIコースもありますが、Pythonをある程度できないと大変だと思います。プログラミングが初めての人はPython コースから受講するのをオススメします

Pythonが凄いのは、色々な場面で使われていること

  • AI、IoTを開発できる
  • Webアプリも開発できる
  • 電子工作も楽しめる

Python コースを1つ受講するだけで、こんなに多くのことができるようになるんです

これだけ色々なことができるプログラミング言語は珍しくて、Pythonってかなりお得なプログラミング言語なんですよ

しかも、AIブームでPythonの人気は爆上がりしていて、『普段使っているプログラミング言語ランキング』では2位にランクインするほどの人気っぷり

まさに、最新技術に関心がある人のためのプログラミング言語ですね

Python コースを見てみる

スマホアプリを作りたい人向けのコース

スマホアプリを作りたい人にオススメするコースは2つあります

  • iPhoneアプリコース
  • Androidアプリコース

スマホアプリと言っても、iPhone用のアプリを開発するプログラミング言語(Swift)とAndroidのアプリを開発するプログラミング言語(Kotlin)は違います

だからコースが2つに分かれているのですね

注意
iPhone用のアプリを開発するにはMacが必須です。もしWindowsのパソコンしか持っていないなら、Macを買うかAndroidアプリコースを受講するしかありません。

じゃあ、どっちを受講すればいいの?

そんな意見が聞こえてきそうですが、結論から言うと「どっちでも大丈夫だよ」です

  • iPhoneアプリはSwiftでしか開発できない
  • AndroidアプリはKotlin以外でも開発できる

これだけ聞くとSwiftを勉強した方が、希少な人材になれそうなイメージがありますね

しかし…

  • iPhoneの世界シェアは19 %
  • Androidの世界シェアは71 %

とAndroidの方が圧倒的にシェアが高いので、Swiftの方が有利だとは一概に言えません

それでも僕ならiPhoneアプリコースを選ぶと思います

若干の差ですけど、求人数はSwiftの方が高いので就職・転職を見据えるならSwiftを勉強した方がいいかなと考えたからです

でも誤差みたいな差なんで、正直どっちでもいいと思っています

まあ、Mac持ってないんで受講できないんですけどね(笑)

iPhoneアプリコースを見てみる

Androidアプリコースを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です