【体験談】大学生でもプログラミングを独学して稼げるのか|検証の記録

こんにちは!!プログラミングで稼ごうと勉強中のコン太です

僕には以前から疑問がありました

プログラミングさえ勉強すれば、大学生でも高収入になれるってよく聞くけど、それって本当なのかな?インフルエンサーがポジショントークで言ってるだけなんじゃないの??

プログラミングはいい稼ぎになるという話はよく耳にしますし、実際に稼いでいるとTwitterやYou Tubeで発信している人をよく見かけます

しかし、本当にプログラミングで稼いでいるか疑わしいと思いませんか?

悪い人

プログラミングで月収40万突破!!(本業込みの値段だけどね~)

僕は、このような悪質な発信を実際にみたことがあります。フォロワーやチャンネル登録者数を増やすために、自分を大きく見せているのです

これでは、大学生でもプログラミングで稼げるのか判断ができません。ネットの情報に不信感が積もりました

コン太

このままでは、『プログラミング』=『怪しい』のイメージが定着してしまう…

僕は工学系大学生なので、プログラミングはカッコいいと思っています。世間的にもそのイメージ共有されたらいいなと思っています。だから、怪しいイメージが定着するのは個人的に嫌なのです

そこで、僕はある決意をしました。それは…

僕が独学して実際に稼げるのか検証して発信しよう!!!

情報が正しいか分からないなら、いっそ自分で検証すればいい!!そして、検証結果を発信すれば、悪意ある情報に騙される人も減るはず!!

騙される人が減れば、プログラミングを怪しいと思う人も減るはずです

超ハードな検証ではあるのですが、僕にはメリットしかありません。検証に成功すれば

成功したときのメリット
  • バイトより効率のいい収入源のゲット
  • 成功体験のネタとして就活で活用できる

失敗しても

失敗したときのメリット
  • ブログのネタとして消費できる
  • 就活で積極性をアピールするネタになる

せっかくなら成功させたいですが、失敗すらメリットになる僕だからこそ、検証するべきだと考えたのです!!

キツネ

ブロガーだからこそ、役に立つ情報を発信しなきゃね

まとめると、この企画の目的は2つです

  • プログラミングで稼げるのか検証すること
  • プログラミング=怪しいのイメージを払拭する

この目的を達成するには、僕の検証が信頼できると信じてもらうことが重要です。検証が信頼できないと思われると、結局プログラミングは怪しいと思われて、2つ目の目的を達成できないからです

そこで僕は、学習の記録を細かく記録して公開しようと思います

誰が見ても『コン太はこれだけやったから成功した』『コン太は頑張ったけどダメだった』と分かるような記録にしたいと考えています

詳しく記録を残せば、あとで見返したときに(検証に成功する前提ですが…)

  • どのように勉強したら稼げたか
  • どの程度(時間、分量)頑張れば稼げるか
  • 収益の推移はどうなるのか

が明確に分かるデータになります。このデータは、プログラミングを勉強して稼ぎたいと考える人の役に立つはずです

そのあたりもしっかりと検証していこうと思います!!

どうやって稼ぐつもりか

プログラミングで稼ぐと一口に言っても、様々な方法があります。代表的な例はこんな感じです

  • 制作したゲームを公開して広告収入を得る
  • Webサイトの制作を請け負う
  • アプリの開発を請け負う

僕は、Webサイトの制作が1番現実的な方法だと考えています

理由はこんな感じです

  • ゲーム:人気がでるか不明。場合によっては収益0円(論外)
  • Webサイト:案件は豊富。会社に所属していなくても受注できる
  • アプリ:必要なスキルの習得が大変。開発も大変(挫折しそう)

消去法でWebサイトの制作ですね。わざわざリスクの高い他の方法を選ぶ理由がありません

コン太

僕はブロガーなので、Webサイトの仕組みにもともと興味があったって理由もあります

僕はあくまで大学生なので、会社に所属して仕事することができません。そのため、フリーランスエンジニア(会社に所属していないフリーのエンジニア)になる必要があります

フリーランスエンジニアは、案件をクラウドソーシングで受注するのが一般的です

なので、僕もクラウドソーシングで案件を獲得する予定です

MEMO
クラウドソーシングとは、仕事を依頼した人を仕事を受注したい人をマッチングさせるサービスのことです。ランサーズクラウドワークスが有名です

稼ぐまでの手順をまとめます

  • STEP1:Webサイトを制作するためのスキルを身につける
  • STEP2:クラウドソーシングで案件を獲得する
  • STEP3:案件を完了して報酬を得る

この3ステップで検証完了になります

こうして手順を書くと簡単そうですが、実際はめちゃくちゃ難易度高いと思います。そもそも、STEP1の段階をクリアできるか不明です

というのも、僕はPythonというプログラミング言語の習得を1回挫折しています。(理系なのに!!)だから、今回も挫折する可能性があるのです

しかし、『プログラミングが苦手な僕がスキルをマスターできた』=『文系でも誰でもマスターできる証拠』です!!

プログラミングが苦手な人や文系の人でもプログラミングで稼げるのか、しっかり検証していこうと思います

どうやって勉強するか

『STEP1:Webサイトを制作するためのスキルを身につける』を達成するために、まずはプログラミングの勉強方法を決めます

コン太

僕はプログラミングの経験があるので、勉強法には詳しいんです!!

プログラミングの勉強方法で絶対に知らないとダメな事は、プログラミングの勉強方法は、試験の勉強方法とは違うということです

試験勉強なら『勉強する』=『書籍をガリガリやる』が成り立ちますが、プログラミングの勉強では必ずしも書籍が正解ではありません

コン太

1度挫折した僕だから断言できるけど、書籍は最悪の勉強法だと思うよ…

プログラミングの勉強方法は、書籍を含めて3つしかありません

  • 本屋で書籍を買って勉強する
  • 動画教材を買って勉強する
  • プログラミングスクールに入る

どの選択肢にもメリット・デメリットがありますが、結論から言うと、今回の検証には『動画教材を買って勉強する』を採用しました

理由を説明する前に、それぞれの勉強法の特徴を紹介していきます

本屋で書籍を買って勉強する

書籍のメリットは、たった1つだけです

  • 安い

マジでこれしかメリットがありません。しかも、プログラミングの書籍は小説よりもずっと高価です。場合によっては動画教材より高価です

例えば、プログラミングの書籍として有名なO'Reillyの値段は2,530円です。コスパ最悪です

コン太

あとで詳しく紹介しますが、動画教材は2,000円もしません。マジでメリットがない

動画教材を買って勉強する

動画教材のメリットは多いですね

  • 情報量が豊富で分かりやすい
  • 耳で覚えられる
  • スマホでいつでもどこでも

動画は、書籍と比べて圧倒的に情報量が多い教材です。目だけでなく耳を使って、いつでもどこでも学習を進めることができます

書籍は、一度説明した内容は二度と書いてくれません。しかし、動画教材は以前勉強したことでも、講師が軽く口頭で説明して思い出させてくれます。いちいちページを戻って調べ直す必要がないので、学習がスムーズに進みます

コン太

書籍よりずっとオススメできる勉強方法だよ

プログラミングスクールに入る

スクールは、プログラミング学習で最強の方法です

  • 現役エンジニアに質問し放題
  • 課題を添削してくれる
  • ビデオチャットで相談できる

僕は過去にTechAcademyというオンライン専用のプログラミングスクールに通っていたことがあります

プログラミングは会得難易度の高いスキルなので、勉強する中で分からない事だらけになります。独学していると分からないことを相談できず、時間をかけても進捗がなく、心が折れて挫折することも少なくありません(僕もこのケースでした

しかし、TechAcademyのようなスクールでは、挫折の心配はありません。現役エンジニアが超本気でサポートしてくれるので、やる気さえあれば挫折する隙なんてありません

はじめてプログラミングを勉強する人は、絶対にスクールに入ることをオススメします

コン太

今回なぜスクールに入らなかったかというと、僕はすでにプログラミングの基礎を抑えているからです。挫折はTechAcademyで克服しました!!

僕がTechAcademyを受講したときの記事がありますので、ぜひ読んでみてください

【初心者が受講】TechAcademy(テックアカデミー)のぶっちゃけた感想

僕が『動画教材を買って勉強する』を選択した理由は、もっともコスパがいいからです

  • 書籍は安いが、他の教材と比べて圧倒的に効率が悪い。絶対に使いたくない
  • スクールは最強の学習環境が手に入る代わりに値段が高い。僕はプログラミング初心者ではないので、コスパが悪いと感じて避けた

消去法で動画教材を選びました

動画教材はUdemyで購入します。Udemyは、様々な分野のスペシャリストが動画教材を販売しているサービスです

Udemyは稀にセールを開催しており、本来は20,000円する教材を2,000円以下で購入することができます。セール時なら書籍よりずっと安いです

まとめ:今後の方針

最終的な目的は、Webサイト制作でお金を稼ぐことですが、とにかくWebサイトを制作できるスキルを会得しないと話になりません

まずは、『STEP1:Webサイトを制作するためのスキルを身につける』を達成するするために、Webサイトを制作するスキルを会得します

スキルの会得のために、まずはUdemyで買ったフロントエンドエンジニアになりたい人のWebプログラミング入門に取り組もうと思います

この教材なら基本的なスキルを身につけられるはずです。今後はこの教材で勉強を進めていきます

長期の検証で大変だと思いますが、本気で頑張るつもりです!!

応援してください!!!よろしくお願いします!!!

次回はこの教材が終わったタイミングで記事を書く予定です
※続き書きました!!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【体験談】大学生でもプログラミングを独学して稼げるのか|検証の記録②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です